*

飲食店の売上を上げる魔法の方程式 ①

      2015/04/30

今回は飲食店の売上を上げる魔法の計算式をご紹介します!

売上=客数×客単価以上がその計算式です。

「っておい!!そんなこと知ってるよ!」、「常識!!」

と思われたかもしれませんね。

その他にも以下のような式もあります。

売上=席数×客単価×回転率
売上=マーケットサイズ×商圏人口×市場占有率

「これらのどこが魔法の計算式なの?」

などと感じられた方々にお伺いします。
これらの式を深く考えたことはありますか?

上記3つの式からお店の売上を上げる方法には、
“客数を増やす”、“客単価を上げる”、“席数を増やす”、
“回転率(席効率)を上げる”、“市場占有率を伸ばす”
などの方法があるということが読み取れます。

具体的には
お店の
・客数が少ないのか?
・客単価が想定よりも低いのか、あるいは高いのか?
・席数をあと少し増やせばもっと売れるのか?
・満席率が低いのか?(満席時の客数)
・市場に認知されていないのか?

などと現状を把握することができ、取るべき手段が明確になります。

しかし、実際は式を式としてのみ捉え、活かしきれず感覚的に飲食店を経営しているケースがほとんどです。

「売上が下がっているから、チラシを配布(呼び込み)しよう!」
「値上げして客単価をあげよう!」
などとついつい安易な考えに走ってしまうのです。

そもそも、どういうお客さんを取り込みたいのか?
今の客単価は適正なのか?
などを考えることなく行動してしまうため実施した行動から思ったような効果を得られず、
次は流行り物の料理を取り入れてみたり、接客に力を入れたりと、
次々にいろいろなことに取り組み、かえって何がしたいのかわからず迷走してしまうお店が多いです。
こういうお店は外観を見ただけで、一目で迷走しているのがわかります。

私の経験上、こうした現象は特に売上が下がっている時に起こりやすいです。

確かに、売上が下がってくると、
「やばい!このままだと赤字だ!」
「借入の返済時期が迫っている、どうしよー!」
「このままでは、生活できない!」

などと焦ってしまいなんとか売上を上げようと闇雲に行動してしまうのはごく自然なことかもしれません。

しかし売上が減少している時や問題に直面した時ほど冷静な判断は求められます。
冷静に現状を分析し、計画的に行動することが重要です。
そもそも普段からそのように心がけているお店は売上が下がることなく、上がり続けています。
実際に私のクライアント先の多くの飲食店舗様は毎年売上を伸ばし続けています。

 - 飲食店の売上を上げる方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

最高日商
最高日商をたたき出せ!

売上をあげる簡単な方法をお教えします。 それは過去の1日あたりの最高売上を塗り替 …

uriageup
売上をもっともっと増やしたい!

実は、飲食店の売上を増やすことはそれほど難しいことではありません。 売上が下がっ …

飲食店 集客アップ 特別企画チラシ
飲食店 売上アップ 特別企画 第1弾

飲食店の経営者様や飲食店店長様向けの初回のお試し売上アップコンサルティングの特別 …

1位と2位の差
1位と2位の差!

以前ある民主党の女性議員が 2位じゃダメですか?! と言っていたのを覚えています …

ピンチを乗り越えて売上アップ
脅威こそが最大のチャンス

経営者B:「あげるさん、今度うちのお店の近所に有名な焼鳥店○○が出店してきます。 …

理想のお客さま
33歳男性、既婚者、年収500万円の鈴木さんが理想のお客様です!

以下は、とある居酒屋での打ち合わせ内容です。 経営者A:「あげるさん、最近売上が …

飲食店の売り上げをあげる方程式
飲食店の売上を上げる魔法の方程式 ②

前回ご紹介した魔法の計算式を覚えていますか? 今回は、さらに掘り下げて考えてみま …

効率的に売上アップ
飲食店の売上は需要があるから上がるのです

1年で1番売れる=需要が多い 経営者D:「あげるさん、うちのお店は、月曜日が暇な …

飲食店の売り上げをあげる方程式
飲食店の売上を上げる魔法の方程式 ③

前回は以下の計算式をについて説明しました。 売上=客数×客単価 客数=新規客+固 …

飲食店の売上を上げる方法
第一印象がもっとも大事

先日ある飲食店にお伺いした時、非常に驚かされたことがありました。 それはそのお店 …