*

飲食店、最強のリピート販促!

      2015/05/07

皆さまは、新規のお客様がリピートする確率はどれくらいあると考えておられますか?

インターネットなどのサイトを見ていると「リピート率50%のリピート術」や「リピーター80%達成の究極販促」などのタイトルをたまに見かけます。

「これは、すごい!」と声を荒げてしまいそうな内容ばかりですね。

実際はそんなことありませんよ。

少なくとも私の知る限りそれほど高いリピート率のある飲食店は少ないと思います。
カフェやコンビニなどの習慣化しやすい業態や、フレンチなどの高級店ならそういうお店は多く存在するかもしれません。
しかし、通常の飲食店では限りなく難しいでしょう!

そもそも今の世の中、競合店が多すぎます!
つまり、似たようなお店が多すぎるのです。

そういう意味では立地によっては競合店が少なく、焼鳥店はここ、焼き肉ならあそこ、などと競合が無く、行く店が決まっている地域もあるかもしれません。そういうお店は、確かにリピート率が高いですね!
他にいくお店がないですからね。ただ、例外です。

一般的な、飲食店のリピート率は10%ぐらいではないでしょうか。

まぁーもともと会員制でないと調べようがありませんが。。。

リピート率が50%もあったらそのお店はお客様で常に溢れているか常連さんしかいないお店です。
お客様で常に溢れているお店であれば、そもそもリピート率を気にする必要がありません。
常連さんだけのお店は新規客が少なく、”一見さんが入りにくいお店”で、それほど高い売上ではないでしょう。

何故リピート率が低いか?
それは、どれだけそこのお店に感動し、「また、来ます!」といって帰ったお客様でも来ない方は来ないからです。
様々な理由が考えられますが中でも多いものをご紹介します。
生活圏にない、お店の存在を忘れている、お店の内容を忘れている、誰かと一緒にきた、などが挙げられます。

普段仕事をされている方がたまたま来店したお店のことをどれほど考えているでしょう。
人は、脳みその大半を仕事、家族、恋人、趣味、などに費やしています。残っている脳の容量は2%ぐらいでしょう。
(趣味事態が”食べること”や”飲むこと”である方は除外しています。)
しかし、一度記憶したお店は忘れないというのも人間です。

そのため、2回目来店したら3回目の可能性はかなり上がります!
また、1人のお客様が一定期間で10回以上来店した場合、その方は限りなく固定客で今後も来店してくれるでしょう。
30回を超えるとファン客の域に達しています。

以上の内容から考えると、2回目の来店が非常に重要なポイントです!

そこで、私のコンサルティングの経験上もっとも効果的だったリピート販促をご紹介します。

それがサンキューレターです!
それも手書きのサンキューレターです!

現代において、手書きのお礼状をもらうことがどれぐらいあるでしょうか?
年賀状くらいかもしれませんね。
インターネットなどのインフラ環境が発達した現代において、手書きのものを見る回数が極端に減っています。そのため、手書きのサンキュレターは新鮮でお客様の心に残ります。数ある似たようなDMは簡単に捨てれても、誰かが気持ちを込めて書いてくれた手書きの手紙は捨てることはできないでしょう!

実際に私のクライアント先でサンキュレターを実施したところ、40%以上の回収率がありました。
これはまさに驚異的な数字です!

地道に毎日3枚づつサンキューレターを書いて送るだけで、お店には多くのリピーターが訪れてくれます。
是非一度お試しください!

以下に、サンキューレターの効果を最大化する方法を記載しておきます。
①なるべく早く送る⇒理想は3日以内
②お客様の事を書く⇒お客様との会話の内容などを織り込む
③定期的に送る⇒季節のご挨拶など
④純粋なお礼状⇒なるべくクーポンは付けず純粋に感謝だけをのべる
⑤データ化する⇒顧客データを作成し、サンキューレターを送った日にちや内容などを明記しておく

 - 飲食店の集客方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
飲食店は、細かいターゲティングが、お客様を驚くほど集客する

何故お客様が集客出来ないのか?! その理由の一つに、飲食店のターゲティングの不十 …

no image
圧倒的なウリが、飲食店の集客アップに繋がる

とある焼鳥店にお伺いした時のことです。 私:「社長、お店の“ウリ”は何でしょうか …

no image
お客様を圧倒的に集客するための、飲食店コンセプトづくり

現在、多くの飲食店がお客様の集客に苦しんでいます。その背景には、供給過多の問題が …

AIDMAの法則
AIDMA理論が新規客を集客する!

前回からの続きです。 新規客はお店の前を通る通行人の、お店に入店する確率を上げる …

看板が必要
新規客の集客には看板が命!売上を上げる看板とは?

飲食店の売上を上げるのに欠かせないのが新規客の集客です! 以下の式でも新規客増が …

伝える
何屋さん??

長く売上が低迷しているから、一回見にきて欲しい、というご要望を頂き、ある焼鳥店に …

集客方法
同調現象を利用した飲食店の集客術

先日街中を歩いていると、人だかりがあったので、気になり人混みをかき分けながら確認 …

no image
飲食店がたったひとつの看板でお客様を飛躍的に集客する方法

このページで私が皆さまにお伝えしたいことは、飲食店にとってどれほどたったひとつの …

no image
飲食店の集客アップ・売上アップのための方程式

コンサルティング活動を通じて、多くの経営者の方にお会いする機会があります。その中 …

no image
飲食店の新規客集客方法① ~AIDMA理論と看板の関係性~

何故あなたのお店に新規客が来ないのか? その理由に悩まされる飲食店経営者は多くい …